雨と髪の毛の関係性 長堀橋美容室 南船場美容室 ウナカシータ

はてなブックマーク
2021.06.15

 

 

ど〜もこんちは(*^▽^*)

 

高橋マサトです。

 

 

 

 

関西地方は梅雨ですね。

 

 

 

ここで気になるのは雨と髪の毛の関係です!
 

癖っ毛の方はお気づきかもしれませんが、

雨が降ると髪の毛が広がりやすく、

朝のスタイリングがうまくいかない!

ということが多い時期になります!

 

 

 

ではなぜ雨の日は髪の毛が

 

まとまらないのでしょうか??

 

 

 

 

 

今回は雨の日と髪の毛に

 

ついてお伝えしていきますねblush.png

 

 

雨の日は髪が重くなる・・・

 

雨の日は湿気の多い日ですので、

湿度が高くなると髪の毛が重くなっていきます。

 

 

 

日本人は髪の毛が太く量が多いのですが、

直毛で髪の毛が細い方が

『雨の日に髪が広がる』

と思うのは、実は水分を吸った髪の重さによって

ペタンと潰れたりしまうことが原因なんです。

 

 

 

雨の日に髪がまとまりにくい原因は??

 

 

髪の毛が水分を含むとキューティクルが開いた状態になり、

トリートメントなどを浸透させるとダメージが修復されます。

 

 

しかし、

キューティクルが開いた状態でブラッシングなどをすると

キューティクルが剥がれ、水分は髪の毛の中へ入り込みます。

 

 

 

 

キューティクルが剥がれた状態というのは、

いわゆる髪の毛が傷んでいる状態です。

 

 

 

傷んだ髪の毛に沢山水分が入ると、

傷んだ髪の毛の部分が膨らみ、

傷んでない部分とのバランスが崩れ、

髪の毛がうねったり、

髪の毛が膨らんでまとまりにくくなるというわけです。

 

 

 

髪の毛の傷んだ場所が多ければ多いほど、

髪の毛が膨らむ場所が多くなるので、

まとまりにくくなります!

 

 

 

 

雨の日に髪の毛をうまくまとめるには??

 

 

キューティクルが綺麗に整っていれば、

髪の毛に均等に水分を取り込めるので、

髪の毛のうねりや広がりが少なくなります。

 

しっかりと髪の毛を乾かした状態で、

 

就寝するようにしましょう。

 

 

 

また、

トリートメント剤を髪の毛につけて

 

髪の毛へのダメージを減らしたり、

お肌だけではなく頭皮のUVケアにも目を向けましょう。

 

 

 

 

 

あとはストレートor縮毛矯正or髪質改善トリートメントですね。

 

上記に書いた通り、キューティクルを

 

整えていきますので、うねりがなくなります。

 

 

一度するとスタイリングは楽ですよー(*^▽^*)

 

 

 

週末のご予約は埋まりやすいので

 

平日のご来店がオススメですblush.png

 

 

一覧 TOP