紫外線について ヘアケア 長堀橋美容室 オーガニックカラー  ウナカシータ

はてなブックマーク
2022.07.01

 

 

UnaCasitaは大人女性が落ち着いた空間で

髪と頭皮に優しいオーガニックカラーの

施術が可能なヘアサロンです

 

・ヴィラロドラ取扱店

・ヴィラロドラオーガニックカラー取扱店

・ルビオナオーガニックカラー取扱店

 

 

こんにちはー

 

ミシン親父の髙橋マサトですbowtie.png

 

 

 

 

 

 

桜が咲き始めましたねーガーベラ

 

もう春です・・・。

 

 

 

 

紫外線が気になってくる

 

季節がやってきました。

 

 

 

 

男性は、

 

女性よりも

 

紫外線対策を怠りがちで、

 

頭皮が真っ赤になり炎症を起こし、

 

皮膚が剝けてしまった方も

 

いらっしゃるはず・・・。

 

 

 

 

「紫外線対策」というと女性の

 

方のほうが関心を持たれている方が

 

多いですが、ぜひ男性の方にも興味

 

を持っていただければと思います。

 

 

 

実は、

 

髪や頭皮は一般的にお顔の数倍の紫外線

 

の影響を受けているとも言われています。

では、この紫外線。

 

一体、髪にどんな影響を及ぼしているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

紫外線が髪の毛に及ぼす影響

 

・キューティクルが剥がれやすくなる

⇒髪の栄養分が流出し髪の艶が無くなり

 パサつきや乾燥の原因に!

 

 

・髪の毛の強度を保つシステイン結合を

 切断してしまう

⇒切れ毛や枝毛の原因に!

 

 

・髪の毛の色のもとになっているメラニン

 色素を破壊してしまう

 

⇒髪の毛が褪せて赤茶けた色になってしまう!

 

 

・頭皮が紫外線を受けると頭皮を守ろうと

 多くの活性酸素を作りだす

⇒細胞の動きが鈍くなり、抜け毛や薄毛の

 

 一因に!頭皮の弾力も失ってしまう!

 

 これらの現象は「光老化」と言われ慢性の

 紫外線障害なんです。

 

 それではこのようなダメージを減らすには、

 髪や頭皮にどのような対策をすれば良いでしょう?

 

 

 

紫外線対策

 

 

・髪の毛用日焼け止めスプレーを使う

⇒最近はドラッグストアで髪の毛にも塗布できる

 スプレータイプの日焼け止めが売られています。

 塗布漏れが無いように髪全体にスプレー!

 

 

・UVカット効果のある日傘や帽子を活用する

⇒色や素材、形を工夫して効果的にガードする!

 

 

・髪の毛が長い方はまとめて紫外線を浴びる表面積を少なくする

⇒髪の毛を纏めずにいると紫外線を浴びる表面積が

 大きくなりダメージ増!

 

 

・抗酸化作用を持つ栄養素を含む食べ物を積極的に摂取する
 

⇒活性酸素によって細胞が傷つけられるのを防ぐ

 ことができる!

 

 

・紫外線が強い時間帯の外出を避ける

⇒可能な範囲で午前10時から午後2時までの紫外線が

 強いとされている時間帯の外出を避ける!

 と言っても泣かんかこれらの紫外線対策は、日常生活に取り入れ易くすぐに実践できるのではないでしょうか?

この中でも手っ取り早く実践できる「髪用日焼け止めスプレー」を利用する方法ですが・・

早速、購入しようと思っている方!いざ、購入する際に悩みませんか?

 

 

 

「SPF」と「PA値」

 

「SPF」はサン・プロテクション・ファクターの略で

 

紫外線B波を防ぐ効果の指標です。
(因みに紫外線B波はシミやそばかす、皮膚がんの原因と言われています)

 

「SPF」の数値単位は時間で約20分程と言われています。
 

これは、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの

 

時間を何倍に延ばすことが出来るかを表しています。

 

例えばSPF30の場合
 

20分×30=600分=10時間

 

約10時間は日焼けが抑制されるという考え方です。

 

 

 

長時間、日に当たることが予想されるときは

 

SPF値が高い方が効果的と言えます。
 

 

 

ただし、あくまでも目安として考えてくださいね。
 

 

 

日焼け止めの塗布漏れや汗をかいて取れてしまった場合などは

 

上記の効果を十分に発揮できません。

 

 

 

次に「PA」。プロテクション・グレイド・オブUVAの

 

略で紫外線A波を防ぐ効果の指標です。

 

(因みに紫外線A波は皮膚を黒くするだけでなくシワや

 

たるみの原因と言われています)

 

紫外線B波は紫外線の中でも約10%未満と割合が

 

低いですが、髪に強い影響を及ぼすのは紫外線B波

 

になるので侮ることはできません。

 

 

 

「+」が多いほど紫外線A波を防ぐ効果が高く

 

「PA++++」が最高値とされています。

 

 

よって「PA値」は使用する場面に合わせて

 

使い分けるのが良さそうです。

 

 

 

例えば、炎天下でのレジャーやマリンスポーツをする際には

 

「PA値」が高い物を選ぶと効果的かもしれませんね。

 

 

どの場合もこまめな塗り直しは必須です!

 

 

 

「SPF」と「PA値」が何を示しているのか知っておくと

 

用途に合わせた日焼け止めを選ぶことができ、

 

効果的な紫外線対策ができます!

 

 

 

 

 

 

今は、様々な紫外線防止グッズも販売されているようなので、

 

 

皆様の生活に合った組み合わせで髪と頭皮を守り、

 

健やかな髪と頭皮を維持してくださいね!

 

 

 

一覧 TOP

カレンダー

    2022年8月
    M T W T F S S
    « Jul    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031